双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

工作完成と禁煙と昨日の診察

やっと娘のお友達の誕生日プレゼントの、仕掛け付きアルバム工作が終わりました。今頃お友達にプレゼントしていると思います。


娘が見つけてきた、スマートフォンのアプリのミックスチャンネルで紹介されている、仕掛け付きアルバムは、今女子中高生に流行っているらしく、全ページに違う工作→違う写真を張り付けるという、とても手間暇のかかる作業でした。


娘がテスト勉強している為、工作+写真とも、ほとんど私が作る事になってしまいました。ほぼ私、お母さん作ですね。それでも娘は張り切って、アルバムを持ってお友達に会いに行きました。


本当、いつもは私の事をなめている娘ですが、ちょこっと作業をしてみて、大変さが分かったらしく、こんな時だけ頼ってきます。おかげで昼夜逆転の日も多かったです。それでも娘が喜ぶと私も嬉しいです。


ただ、あまりのストレスに、つい煙草を吸ってしまいました。せっかく禁煙が上手くいっていたのに・・・
これは「禁煙セラピー」を読んで、今日から禁煙したいと思います。


昨日の診察は、ラミクタールとリスペリドンはそのままで、抗鬱剤のレクサプロが半分になりました。買い物依存症が出ているので、それを抑える為らしいです。それと断酒薬のノックビンが処方されました。私は断酒しているのですが、まだ時々飲みたくなってしまう為、保険代わりです。


「記憶力が大分悪くなった。多分お薬のせい。」と相談したところ、「双極性障害のせいもある」と言われました。そういうものなんですね。今は大丈夫でも、矢張り認知症が怖いです。


プログを始めた事は、イケメン副委員長先生に話しているのですが、「ぜひ続けなさい。続けるという事があなたには課題の一つだから。」と言われました。


それと漢字の練習等、なにか頭の活性化になる様な事をした方が良いと勧められました。いわゆる脳トレですね。調べたら漢検のプレイステーションのソフトがある様なので、今はあまりやる気が出ませんが、いずれ購入を考えています。


いつも読んでくださって有難うございます。