双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

禁煙

今朝、起きたら、メルカリの別の方からクレームが来ていました。古い未使用品のバッグを出品したのですが、古すぎるので本当に未使用品かとのクレームでした。きちんと書いた通りなので、その旨伝えましたが、後味悪くて凹みました。暫くメルカリはお休みしたいです。


少し前の日記「工作完成と禁煙と昨日の診察」に、「禁煙セラピー」で禁煙すると書きましたが、実は暫く禁煙できませんでした。ダウンロードしたアプリ「禁煙駅伝」も効果無しで、朝起きた時に、どうしても吸いたくなってしまい、娘が学校に行った後、新しい煙草が家に無くても、シケモクを吸ってしまい、シケモクを吸うと、9時迄待って、煙草屋さんに買いに行ってしまっていました。私の吸っていた煙草はマイナー煙草なので、電車に乗って行かなければ買えないのにです。電車代も含むので、440円+260円と相当高い煙草代でした。


よく、鬱病や双極性障害の人は、禁煙するのを良しとしないと聞きます(禁煙鬱になる場合があるそうなので)が、他の方のブログを見ても、禁煙に成功している方が複数いらっしゃるので、焦りながらも吸ってしまっていました。


日曜日に、ついに臭いで娘にバレてしまい、相当怒られ、煙草とライターを取り上げられました。夫に話すと言うので、失望させたく無かったので止めてと話し、代わりに近くに住んでいる私の母に、自己申告しなさいと言われました。


しぶしぶ承知して月曜日の朝、ラインで自己申告し、母から「Yes!」というスタンプが送られて来たのを待って、そのスクリーンショットを撮り、娘に送りました。母にも相当がっかりさせたと思います。


でも、その後、矢張り朝は吸いたくなってしまったのと、「禁煙セラピー」では「最後の1本」の儀式がキモになっているので、娘が学校に出かけた後、また買いに行ってしまいました。


新しく買ってしまった煙草を吸いながら、「禁煙セラピー」を最初から最後まで読み返し、これは禁煙セラピーではルール違反になっていますが、朝対策にと「ニコチンパッチ」を買いに行きました。


買って来た煙草は16本全部(1箱16本入りです)吸ってしまい、「最後の1本」まで吸ってから、ニコチンパッチをお腹に張りました。同時に「禁煙駅伝」のアプリを再セットしました。


4時間ほどして、学校から帰って来た娘が、煙草を吸ったかと聞くので、もう止めれる予感と覚悟ができていたので「吸ってない」と嘘をつきました。そして、ダンス教室の申し込みの付き添いに行く前に、取り上げられた方の煙草とライターを、娘の見ている前でコンビニのゴミ箱に捨てさせられました。


火曜日は、こっそりシケモクをゴミに出しました。この日の朝はニコチンパッチのおかげで、吸いたい気持ちを割と楽に我慢出来ました。


夕方、娘が私の寝室に入って来て、部屋の臭いをかいでいましたが、吸っていない事に納得していた様でした。


今朝も大丈夫でした。


今、禁煙を始めて1日と18時間ですが、このまま止めれそうです。ホッとします。


いつも読んでくださって、有難うございます。