双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

顔の傷


最近チョコミントアイスの「ぎっしり満足!チョコミント」にハマっています。太ってしまうと思いつつも止められません・・・。


私の顔には2つの大きな傷があります。一つは元夫に包丁で付けられた左頬の傷。もう一つはラミクタールのオーバードーズをして、自転車で転んで付いた右のこめかみの傷です。


包丁でつけられた傷は一生消えません。当時家でソファに座っていた時、キッチンからパン切り包丁が飛んできて、私の頬をかすめたのでした。勿論投げたのは元夫で、血が沢山出ましたが、私は最初何が起きたか分かりませんでした。元夫が慌てて119番をした処、警察も来て、「どうしますか、訴えますか」と聞いて来ました。私は、愚かにもその時は意味が分からなかったので「訴えないので、早く病院に連れて行って欲しい」と言いました。


病院では縫い終わった後、ギザギザの歯で曲線の形についた傷なので、美容手術をしても痕は一生消えないと言われました。その時初めてことの次第の大きさを知り、私は号泣しました。


それでもその当時は、私が大黒柱だったので、次の日顔にテープを張ったまま、会社に行きました。皆には気が付かないふりをされました。多分私がドメスティックバイオレンスを受けている事を薄々気が付いていたのだと思います。


あれから15年以上たちますが、色は大分薄くなったとはいえ、まだ傷の形ははっきり残ったままです。


ラミクタールのオーバードーズは、身体が斜めになってしまい、足も千鳥足になってもつれて、とても自転車になんて乗れるはずがない状態でした。それでも躁状態だったので乗ればこげれるものと思い込み、乗ろうとして何度か転んだ後、やっと乗れて、乗れたと思ったら直ぐ自転車ごと転び、自転車の下敷きになったのでした。ちょうど転んだ場所が砂利道で、そこでひっかいたらしく、矢張り血が出て、1ヵ月たっても傷は消えません。


これは年齢のせいで消えないのでしょうか、(悪名高き?)ヒルドイドを塗っていれば、いずれ消えるとは思っていますが・・・楽天的なのでしょうか。


いつも読んでいただき、有難うございます。