双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

アルコール依存症と保育園

私がアルコール依存症になったのには、明確な理由があります。


元夫と別居して、元居た会社から仕事を貰って、鬱病でやる気が出ないのに、稼がなきゃと、お酒をガソリン代わりに飲んで仕事をしていたからです。自分で自分を悪くしていたのですね。


離婚ではなく別居なので、娘を認可保育園に入れることは出来ず、とても高額な無認可保育園にも入れていました。


月、8万円、運動会もない様な保育園に良く入れていたと思います。爪が伸びている男の子にほっぺたを傷つけられ、その傷は今も残っています。今考えても、悔しいです。


その頃は、年金の存在も知りませんでしたし、とにかく稼ぐ事に精一杯だったのです。でも、これでは本末転倒ですよね。


離婚が成立して、認可保育園に入れた時は、天国の様でした。爪のチェックはもちろんあるし、運動会も学芸会もあります。それでいて、月々の金額は3分の1以下です。先生も、ドメスティックバイオレンスで逃げている事や、私の病気の事をよく理解して、秘密にしてくださっていました。


卒園式には警察官が私服でパトロールまでしてくれました。


その後、年金も貰える事になり、出ていくお金も減り、無理矢理稼がなくても良くなりました。


アルコールの方は、その後、病院でアルコールセンターを紹介され、そのショックでお酒を止めました。その後もストレスから時々お酒を飲んでしまっていましたが、双極性障害の「躁」を誘発すると言う理由から、今は完全に断酒してお酒は一滴も飲んでいないですんでいます。


いつも読んでいただいて有難うございます。