双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

がん検診とメンヘラ嫁

昨日は健康診断と肺がん検診の結果を聞きに行きました。大変ショックだったのですが、肺は来週火曜日に大きい病院で再検査になり、CT等を撮りに行く事になりました。悪い物とは限らない、とは言われましたが、矢張り怖いです。悪いもので無い事を望みます。


健康診断の方は血圧が「要観察」となっていたので、念の為、エーザイのヘルケアを買ってみました。初回は半額なのでお得ですが、2ヵ月目以降は5756円もします。3ヵ月は続けた方が良いらしいので、続けてみようと思います。


後は心配な肝機能も大丈夫でした。


水曜日は胃がん検診(こちらは何ともありませんでした)の時に見つかった、十二指腸のポリープの結果を聞きに行く予定です。


その後、自立支援医療証の更新の手続きに行って、午後はオーバードーズの報告をしに、夫とイケメン副医院長先生のところに行ってきます。


精神科の入院は、まだしなくて大丈夫そうですが、来年にはストレスケアの入院をするかもしれません。


話は変わりますが、オーバードーズの後、夫から「僕はメンヘラの人と付き合う運命にある」と言われました。夫とは再婚なのですが、前の奥さんも私よりも酷いメンヘラで、初めて付き合った彼女や歴代彼女もそうだったらしいので、そう思う様になったそうです。


随分な運命だと思いますが、それを受け入れていて、道理で夫は優しい訳です。そして、夫は滅多に人の悪口は言わないのですが、前の奥さんの事はとても悪く言います。前の奥さんはかまってちゃんで、夫が気に入っていた仕事を、定時で帰れる仕事に変えて欲しいと迫り、実際に辞めてしまうまで追い込んだそうです。その他にも、勝手に車を売られたり、いろいろ大変だった様です。離婚した原因は、苦労して元の職種に戻った事だそうで、天職を取るか奥さんを取るかという選択との事でした。


結局、自分らしく生きたいと、天職を選びました。その後、約5年独身で過ごし、私と出逢い、私は夫のタイプだったそうで、その時は私は鬱病でしたが、鬱の酷い状態を見せても全然動じずにニコニコしてくれていました。


双極性障害になっても、夫の優しさは変わりません。メンヘラ嫁で、あちこちガタも来ていて申し訳ないと思いますが、夫へは感謝しています。


いつも読んでいただいて、有難うございます。