双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

夫への相談


今日、がん検診の再検査の話を「怖い」と夫に相談しました。夫は予想以上にやさしく、私の体温が36度以上ある事を確認し、私の手相の生命線が人並みなのを見て「多分大丈夫だと思う」と話してくれました。


迷信臭いかもしれませんが、夫は大真面目にこれをやるので、妙な説得力があり、不思議と落ち着きました。その後、身体を温める生姜入りの炒飯を作ってくれました。


明日は車の試乗に行って気分転換しようとも言ってくれました。車の試乗は、今年の夏に車を買い替える際、沢山の車を試乗して、それが結構楽しかったので、また、試乗したいねと話していたのでした。


新しい車で市場に行くと、冷やかしだとバレてしまうかもしれませんが、トヨタとか、大きな会社のディーラーだと、いろんなお客さんがいるのを見ているでしょうから、それ程邪険に扱われないのではと言う目論見です。


夫はその後、庭に芝刈りに行ってしまい、私は家で横になってウトウトしていました。午後2時半頃、冬期講習から娘が帰って来ました。娘は最近、お勉強を頑張っているのですが、今日は昨日と同じくミュージックステーションの録画を見てからお勉強を始めていました。


今週のミュージックステーションは、年末だからでしょうか?娘の好きなTWICEが出ていたり、私の好きな『おとなの掟』が流れたりと盛沢山でした。小沢健二が出て来た時には、「この人ママが若い時から出ているんでしょ」と言われたりもしました。


私はテレビはあまり好きな方では無いのですが、娘とこういう会話をする事は好きです。それでも見る時間は家族の中で一番短いのではありますが。


いつも読んでくださって有難うございます。