双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

双極性障害とがんの工夫について



睡眠覚醒表なるものの存在を知りましたが、私は書いていません。運動もしていません。つまり鬱の工夫はしていないのです。した方が良いとはわかっているのですが、やる気がおきません。塗り絵も試みてみたのですが、長続きしませんでした。続いているのはブログだけです。




殆どどんな事をしても長続きしないのは、双極性障害だからなのでしょうか?それとも鬱だから?悲しい事です。


処で健康診断で血圧が高めと言われました。早速エーザイの『ヘルシア』を買って飲んでいます。母が血圧計を持っていたので借りたりもしています。朝と晩に測って、記録をつける事を続けてみようと思います。薬の飲み忘れは無いので出来るのではないかと思っています。


気になるがん検診の結果は水曜日に分かります。怖いので『はじめての瞑想CDブック』という、瞑想の本を買いました。これは続くかどうか分からないけれど、とりあえず読んでみようと思います。


それと、『がんが自然に治る生き方』という本も買いました。これは、末期がんから自力で生還した人たちの「9つの習慣」について書かれた本です。


9つの習慣とは・・・
①抜本的に食事を変える。
②治療法は自分で決める。
③直観に従う。
④ハーブとサプリメントの力を借りる。
⑤抑圧された感情を解き放つ。
⑥より前向きに生きる。
⑦周囲の人の支えを受け入れる。
⑧自分の魂と深くつながる。
⑨「どうしても生きたい理由」を持つ
おまけとして・・・「運動をする」。
です。


④と⑦と⑨以外、双極性障害とはあまり関係ないかも知れないけれどなるほどと思いました。


それで①の「抜本的に食事を変える」を試してみようと思っています。


いつも読んでいただいて、有難うございます。