双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

お仕事について

私は3ヵ月程前、半年ほどお仕事をしていました。


躁の時に「できるはずだ」と突然思い込み、急に始めて
徐々に鬱になり「続けられない状態」で、急に辞めました。


デザインとは全く関係無く健常者枠での単純作業でした。
私は躁の時期が長い方なので最初はとても楽しく思いました。
健康だった頃、私は働く事が大好きでしたし。
ところが今回もいつの間にか鬱の状態になり
苦痛で、苦しくて、ミスを連発し危なっかしくて
辞めざるを得ない状態になってしまいました。


急に辞めることになったので大変はた迷惑だったと思います。
なので家に電話までかかってきました「辞められたら困る」と。
忙しい職場だったのです。


それで私は夫に電話を替わって貰い、鬱で辞めさせて頂きたいのですと
本当の事を言わざるを得ませんでした。
そうしたら神妙な声になって簡単に納得していました。


その職場にはもう二度と戻る事は出来無いでしょう。
お仕事をする事は諦めなさいと病院の先生と夫に言われました。


在宅のデザインのお仕事なら出来るかもしれないとも
思いましたが、やはりミスを連発しては
ドキドキが止まらなくパニックになる生活なので
お仕事はお金が発生する為シビアで良くない噂が立つだけでしょう。


さて、鬱で辞めてその辞め方も良くなかったので
私の鬱は酷く悪化し最近まで立ち直れないでいました。
寝込んでばかりで食欲が無く大分痩せてしまいました。


立ち直れたのは優しい友達のおかげです。
電話でちょっとおかしいと感じた友人は
私が誰とも会いたくないと言うのに
半ば強引に手作りのつみれ汁を持って訪ねて来てくれたのです。
そして私をぎゅっと抱きしめてくれました。
その時に「ああ私は受け入れられている」
「病気になって存在感が薄くなってしまったけどまだ大丈夫」と
ホッとしたのを覚えています。


それから程なくして今の安定した状態になりました。

ちょっとボケていますが可愛いので