双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

文化祭とママ友

昨日は娘の学校生活を撮影している業者さんが
新しい写真をUPしたのでそれを閲覧していました。


生徒皆の群像写真を撮っているので沢山写真があり
その中から娘の姿を探さなければならないので
結構な手間で憂鬱な気分になって先延ばししていました。


今回は文化祭の写真でした。


私服OK、お化粧OK、髪染めOKの日になるので
子供達は皆ここぞとばかりに仮装したり双子コーデしていて
皆とても楽しそうです。私立なので派手なのです。


文化祭当日は私も観に行きました。ママ友と待ち合わせして行ったので
孤独では無かった反面、失敗しない様に、病気の事を疑られない様にと
気を使い、とても疲れました。


前回のブログ記事でもつぶやかせて頂きましたが
私の左腕はリストカットの傷跡が無数にあるので
病気の事をカミングアウトしている人以外の方と会う時は
いつでも、夏でさえも、長袖を着ています。


話題もそれ程無いので、とにかく大人しくを心がけました。
つまらない人と思われても、娘の人生の邪魔(噂好きな方々!)をして
取り返しのつか無い失敗をするよりマシなので。


皆さん働いている方ばかりなので肩身が狭くもあります。
「働いていると気分転換になって良い」なんて穏やかに言われると
羨ましすぎてそのお言葉にクラクラします。健康だったら私も働きたいです。


娘の学校行事はいつも本当は行きたく無いと思うのですが
行かないと子供に関心を持っていない母親らしいと
これまた厄介な噂が立ったり、学校の情報が入ってこないので
頑張って行くことにしています。


双極性障害になる前に作っていたお弁当です。今は見る影も無しです。