双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

新しい車

先ほど、車の一か月点検から帰って来ました。


今年の夏は十年以上ぶりに車を買いました。再婚して初の新車なので、勿論、双極性障害になっても初めての新車です。私はペーパードライバーなので運転するのは夫だけですが。


数年前から持ち上がっていた車問題。


色々とトラブルが続いて、車検代も上がって行き、家にあるお金も確認したので、今年の3月に「車買って良いよ」とGOサインを出した処、夫は直ぐ動き出しました。


余程我慢していて、欲しかったのでしょう。


私が試乗に連れて行かれたのは7月に入ってからですが、行くと、ショップの方に「3月頃から〇回、いらっしゃってますよね」と軽く言われていました。確かに3月頃から、家の中でもパソコンに張り付いて、何か熱心に調べ物をしていました。


試乗は7月からし出したのですが、関心のある車には全て乗ったという感じです。家の前の道路が狭いので、軽自動車かコンパクトカーという縛りはあったのですが、ほぼ全ての自動車メーカーに行きました。


試乗は住宅展示場と違って、セールスも五月蠅く無いので、味を占めました。


希望の車を試乗して、アイスコーヒーを出して貰い、話を聞く・・・と言うのが、今年の夏の土日の過ごし方の定番でした。車に詳しくない私ですが、比較する様になると、走りの違いとか、確かに分かるようになりますね。


結局購入した軽自動車と、最後まで悩んだのはスバルの「ジャスティ」と言うコンパクトカーです。トヨタやダイハツとも共同で開発されている車で、トヨタでは「タンク」「ルーミー」、ダイハツでは「トール」と言う名前で売られています。


車自体はかなり気に入ったので悩みましたが、最終的には「軽」のコストパフォーマンスを選ぶ事になりました。十年以上ぶりと言う事で、新鮮さも欲しかったので、試乗する際、家の前の通りが入れるか等もチェックさせて頂いた程の本腰ぶりでしたが(コンパクトカーなら軽で無くともサイズは楽勝でした)、軽の高速代の割引には味を占めていたので。


購入した軽ですが、ナンバープレートは酷評紛々の白ナンバーです。車の色がノクターンブルーというラメ入りの濃紺ブルーなので、ナンバープレートは白にして大正解です。黄ナンバーよりもしっくり上品に見えます。


納品には1ヵ月程かかり、無事、納車。新しい車になってから、何かと理由をつけては車に乗る事が増えました。


一ヵ月点検は何事も無く、10分位で終わりました。