双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

古着大好き!

昨日はお天気が良かったので、古着屋さんのドンドンダウンオンウェンズデイに行って来ました。


ニットのロングワンピースとカーディガンとカットソー2着で3000円。毛玉もついてないし匂いもしてない。嬉しいお買い物でした。


古着屋さんだと、双極性障害の軽躁状態の時に起きる、お買い物依存症の芽も出ないので気楽です。


私は大学生時代から、古着屋さんに出入りしているので、セーター以外は古着でも抵抗無いです。当時は音楽好きな彼氏と付き合っていたので、ミュージシャン風のお洒落をしていました。


娘とも一緒に古着屋さんに行き、お買い物します。「子供に買った古着を着せるなんて」と言われそうですが、子供向けのブランド品を欲しがるので、古着で充分なのです。娘からも一緒に行こうと催促されますし。


客層は老若男女・玉石混合しています。有色人種の外国人もいます。


1000円以下の商品のみセレクトする人、ブランド品のみセレクトする人、自分の感性でセレクトする人、人それぞれです。


ただ、返品が効かないので、商品の状態は入念にチェックしなければなりません。気に入った服で、サイズもピッタリで無駄遣いで無い商品と出逢ったら、お買い得だと思います。


私はカットソー以外は主にブランド品で揃えています。その方が気に入った服が見つかり、愛着を持って長く着れるからです。娘にもそうして買ってあげています。


ところが、先日、商品の鞄の中からコオロギ(!)が出て来て、凄くびっくりして声を出した事があります。ミスターGで無いのがせめてもの救いでしたが、その日は結局お買い物しませんでした。


それ以外は虫を見かけた事はありません。まぁ、娘はディズニーシーで歩いているミスターGを見てしまったそうですので、虫はどこにでもいるのでしょうが、見なくて良い虫を見てしまうと、怖いし、損した気分になりますね。


最近はお買い得な商品を古着屋さんで買い、メルカリ等で転売し、お小遣いを稼いでいる人もいるそうですね。