双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

兄弟揃って・・・

双極性障害や鬱病に兄弟でなっている方も多いと思います。


我が家もそうです。私の兄は今でこそ寛解していますが、元々は鬱病を発症しています。まだ私が双極性障害では無く鬱病だった頃、「俺もなった。奈落の底に突き落とされる様な辛い症状だね」と相談されたのです。


兄の鬱病はパワハラが原因で、原因を取り除こうと、地方に転勤したまでは良かったのですが、東日本大震災の直後に、事務所が閉鎖になり、本社である福島に単身赴任してから再発しました。


見かねた義姉が仕事を辞めて引っ越そうと言ってくれて、暖かい地方に引っ越しし、復職し、減薬とともに寛解しました。


同じ兄弟と言っても鬱の出方は全く違っていて、兄は昼寝するとかえって具合が悪くなるタイプで、休むと言うと散歩に出かける様なタイプでした。


兄は寛解したので(それでもオヤッと思う時はありますが)、私が長引いているのが不思議で、しかも双極性障害に迄なった事が解せなそうです。本を読むと、鬱病よりも双極性障害の方が寛解しにくい様なので覚悟はしています。


鬱の時は減薬していましたが、今はまずフラットになる事が重要なので減薬はしていません。


弟もいるのですが、弟は全く病気の気配はありません。一番メンタルが弱そうな弟が、兄弟の中では一番強かった訳です。


兄は復職に不利だからと、障害者手帳も年金も申請しませんでした。休職している時にヘルパーさんの免許を取り、最終的には元の職場と同じ様な企業に復職する事が出来ました。義姉の明るく優しく勉強熱心な性格も幸いしたのだと思います。


私も、決して恵まれていない訳では無いと思うのに、この差は何なんでしょうね。


いつも読んでくださって有難うございます。