双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

お風呂のモンダイ

今日はエステの日です。しかも久々のロングコースです。また気乗りのしない、お喋りもしなければいけないのでしょうか。


エステの後はいつもシャワールームに案内されるのですが、私はいつもシャワーを浴び無いで帰って来てしまいます。双極性障害の御多分に洩れず、お風呂が嫌いなのす。家では流石にシャワーは浴びていますが、エステで、潤い成分たっぷりのオイルを塗った後に、直ぐシャワーを浴びるのは勿体無い気がしてもいます。


家でのお風呂は、私が一番短いです。娘>夫>私の順番です。私以外は湯船につかりますので当たり前ですね。


年頃の頃は1時間入るのもざらでしたが、今は娘が1時間コースなのですが、一緒に入ると、長くて熱くて苦痛で仕方がありません。温泉の素がなかなか減らないでいます。


頭を洗うのも雑です。この間は、頭をかいて瘡蓋が出来たのですが、それをあまり気にせずに強引に頭を洗っていたら、翌日フケの様な大き目の皮が出て、汚い感じになってしまいました。夫と出かけている時に夫が気が付いたので、慌てて叩いてくれようとしましたが、フケでは無いので、ほとんど取れませんでした。夫は150円のシャンプーを使っているのですがフケも出ず、羨ましい限りです。


お風呂掃除も自分があまり利用しない事もあり、あまり好きではありません。黒い床のお風呂なので石鹸カスが目立つのですが、取るのに難儀しています。ホームセンターで広告していた、石鹸カス用の『茂木和哉』という洗剤を買って試しましたが、思ったほど取れませんでした。難しいものです。


洗剤と言えば、我が家はオール電化なのですが、以前にお鍋を空焚きしてしまって、お料理がお鍋の底にこびりついてしまった事があります。ガスの場合は、お鍋にお水を入れて沸騰させると結構取れるのですが、IHの場合は仕組みが違うらしく、この方法では全く取れなくて、重曹や鉄タワシ等も使いましたが取れず、やけくそになって自転車磨きなどで使う『ピカール』と『サンドペーパー』で磨いたら、やっと取れました。鉱物系の匂いがするピカールを、口に入る食材を入れるお鍋に使うのは、最初抵抗があったのですが、ピカールの容器にお鍋もOKと書いてあり、ユーチューブでも、『鍋磨きのプロしか知らない、焦げて汚れた鍋をキレイにする』というタイトルで記事が紹介されていたので、良しとしました。勿論、使った後は中性洗剤で良く洗い流しました。サンドペーパーも思った以上に傷はつきませんでした。


以前、ママ友の築5年のお家でお風呂をお借りした時に、まるで新築の様に奇麗で驚いた事があるのですが、健康な主婦は皆さん、一日中磨き掃除をしているのでしょうか?私はコーナーごとに、ふきんやスポンジを置いて、気が付いた時に掃除するという、スタイルをとっているので、一日中磨くなんて、した事がありません。人の集まる家と言うのは、そういうこまめな磨き掃除をしているのかしらと不思議に思います。