双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

ひるめしのモンダイ

今日はエステでした。ドレナージュ付きのロングコースです。眠かったので寝りたいのですけどと伝えて、ゆっくりと寝てしまっていました。12:15に出かけて16:00帰宅ですので半日がかりですね。


今日もお昼ご飯は食べませんでした。


私はお昼寝していたり、エステもお昼にかけて出かける事が多いので、最近はあまりお昼ご飯を食べません。食べても週末の残りのカレーとかインスタントラーメン位です。ひとりの時にご飯を作るのは普段以上に疲れます。


古い本ですが椎名誠さんの著書に、『ひるめしのもんだい』と言う本がありました。サラリーマンが「何時頃、どこで何を食べるか」という問題を真剣に語っていた内容だったと思います。私の当時の上司がお昼時になっても部下の誰にもお昼ご飯一緒に行きましょうと誘って貰えず、昼休み一人でこの本を読んでいたのが「イタイ」と社員の中で噂になっていた事を思い出しました。


今の私はその上司と近い様な状態なのかもしれないです。寝ている時はともかく、夫と娘が外出している平日の昼間は「一人だから」「面倒くさくて」「食べる気が起きなくて」食べない事が多いからです。会社員だった頃は、三度三度お腹がすいて、きちんとご飯を食べていたのに、今は双極性障害の影響で、生活リズムが乱れてしまい、体内時計も狂っている様です。食べる習慣も食材も揃えて無いので、あまりお腹がすきません。


少し前にグルテンフリーダイエットにハマっていた時は、小麦粉を含まない「そば粉」100%のお蕎麦でなめこおろし蕎麦を作ったり、グルテンフリー専用のパスタを買ってお料理していた時もありました。ダイエット中だったので常にお腹がすいていたため、いそいそと昼食を作っていました。でも、最近は糖質制限ダイエットに変えていて、私の行っている糖質制限ダイエットは、夕飯の白米を抜くだけで、後はお腹いっぱい食べて良いと言う内容た為、あまり空腹感は感じずにいます。


双極性障害では無くても、家に引きこもりがちな方々は、皆さんどんなお昼事情なのかしらと思いました。


いつも読んでいただいて有難うございます。