双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

コーチング

コーチングと言う言葉を知っていますか? 私は子供の受験の際のセミナーで初めて知ったのですけれど、ウィキペディアによると、「人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法」とあります。


コーチングの世界ではコミュニケーションのタイプを4つに分けていて、それが「コントローラー」「プロモーター」「サポーター」「アナライザー、コミュニケーション」のタイプです。


自分のタイプを知る事で、コミュニケーションや問題解決に役立つという事です。


簡単なテストは・・・


http://www.jah.ne.jp/~pegira/cgi-bin/coach/coach.html


にあるので良かったらやってみてください(簡易版のテストなのですぐできます)。


病気の時の極端な症状が出ている時では無く、できるたけ「フラット」な時にやってみてくださいね。


できれば一人では無く、パートナーと一緒にやると楽しいかと思います。ちなみに私は「サポーター」タイプでした。


特徴は・・・
人を援助したがる。温かく、穏やか。職場では協調性が高く、意欲もある。計画や目標を立てることに関心がない。決断には時間がかかる。人の心を読むのが得意。直感力がある。感情に基づいて判断する。
でした。


もっと踏み込んでみたい方は、サイトが違いますが・・・


http://www1.ttcn.ne.jp/coaching/7.html


も、参考になるかと思います。


いつも読んでいただいて有難うございます。