双極性障害Ⅰ型で主婦な日々

双極性障害Ⅰ型の主婦の日常生活あれこれ。

母の年賀状づくり

昨日のアルバイトは本当に疲れました。


土曜日は本当は断捨離のセミナーだったから、行かなくて正解でした。この頭でアルバイトに行っていたらついていけませんでした。断捨離塾のメールマガジンは一日2通ほど来るのですが、やましたひでこさんのメールマガジンは面白いと思いつつ・・・川畑のぶこさんやおこのろ心平さんや小松易さんや千場ひろこさんのメールマガジンは、正直ピンと来ないので、最近は読み飛ばしています。やました先生自身のメールマガジンも最近は広告の物が多いのでこれもパスする様になってしまいました。


双極性障害で飽きっぽいのか、記事の裏事情が見えて来てしまったのか、まだ分かりませんが、断捨離塾が続けられない理由の一つに、塾費用が高いと言うのがあります。悪いものでは無いと思うのに適正価格には思えない時、私は無意識にイライラしてしまい、結局二の足を踏んでしまうのです。


さて、私はここ数年ずっと母の年賀状を作っているのですが、今年も頼まれたので、早速製作に入りました。母の年賀状は、自分達家族の年賀状と違い、強い思い入れや構え等も無く、母は一人暮らしでもある為、私の好き勝手に作らせて貰っています。こちらに差出人名と住所が入りますが、これらの作業は私にとってはほんとうに気楽で、適度にラフで、ミスも怒られずに、私にしかできない事で母の役に立てられるので、楽しく、気が付くと時間を忘れています。


いつも読んでいただいて有難うございます。